当事務所では日本の財産の相続手続きを帰国不要でサポートします。




なぜ日本へ帰国せずに相続手続きができるの?

当事務所のこだわりは、相続人の方々に面倒をお掛けしないこと。
手続きをスピーティに完了させること。
その秘訣は・・・ 遺言書+遺言執行者です。

遺言書と遺言執行者をあらかじめ用意しておくことで、

  • 相続人に日本の住所がなくても、
  • マイナンバーがなくても、
  • 印鑑証明書がなくても、
  • 日本語が話せなくても、
  • 領事館に行かなくても、
  • 日本に行かなくても、

アメリカにいながら日本の財産を簡単にスピーディに相続することができます。秘訣は遺言書+遺言執行者です!

こんなに大変!相続手続き

遺言書+遺言執行者がないとどうなるの?
これは相続人にとって大変な手間と面倒と時間が掛かることになります。
日本に残した財産の相続に必要となる書類は以下の通り。

日本の相続に必要となる書類


  • 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本・改正原戸籍
  • 除籍謄本
  • 相続人全員で作成する遺産分割協議書
  • 財産目録
  • 相続人関係図
  • 在留証明書・署名証明

他にも財産によって必要書類はさまざま。
それを持って日本に行き、各窓口で手続きを進めなければなりません。

そんな煩わしい相続手続きを遺言書+遺言執行者が一発解決してくれるのです。


主なながれ

1、 遺言書作成についてご相談ください。アメリカ国内で面談となります。
2、 ヒアリングした内容をもとに、銀行や証券会社に必要書類等をあらかじめ確認。
遺言書の見本を当事務所にて作成します。
3、 こちらでご用意した見本をもとに、本人の自筆にて遺言書を作成していただきます。
遺言書にて遺言執行者を指定します。
4、 相続開始まで、遺言書原本を当事務所にて大切に保管します。



相続手続きサポート費用
遺言書作成サポート費用 $1980

※渡航費・交通費・宿泊は一切いただきません。
※遺言書原本をお預かりする際に現金またはクレジットカードにてお支払いいただきます。
※別途日本の税率における消費税が掛かります。


主なながれ

1、 ご遺族から連絡をいただきます。
2、 当方にて必要書類の全てを用意します。
3、 家庭裁判所にて、遺言書の検認を受けます。
遺言書の検認について(外部リンク)
4、 遺言書の内容の通りに相続手続きを行います。

  • 銀行口座にある現金の最終残高を遺言書指定の通りにアメリカに送金します。
  • 法定相続人ではないが大変お世話になった親戚に指定の割合で送金することも可能です。
  • 特別口座の管理となっている株式を新設証券口座に移管し、売却送金いたします。
  • 不動産を時価にて売却し、指定の海外口座へ送金します。
  • 指定の相続人に対して不動産の名義変更手続きを行います。


その他必要に応じて、遺言書の通りに手続きをスピーティに行います。




相続人が手続きのために日本に帰国する必要はありません。

相続執行サポート費用

相続する金額(経済的な利益額)に応じ、それぞれ下記の率を乗じた額となります。

300万円以下の場合 30万円
300万円を超え3000万円以下の場合 2%+24万円
3000万円を超え3億円以下の場合 1%+54万円
3億円を超える場合 0.5%+204万円

※相続手続き完了時に相続財産の中から日本円にてお支払いいただきます。
※財産の種類により財産換価の際には、株式取引手数料、不動産仲介手数料等、別途手数料が
 必要になる場合があります。



その他の費用

次のような諸費用はお客様の負担となります。

・不動産相続登記などの名義変更に関わる費用
・相続税申告などに関わる相続税及び税理士報酬など

グランアシスト行政書士事務所所長 石川良典 今後の渡航スケジュール


※遺言書作成のご相談は、アメリカ国内で面談にて承ります。
※一般的なご質問でしたらメールまたはチャットでも受付中です。
どうぞお気軽にお問い合わせください。




お問い合わせフォーム(遺言書作成についてのご相談)



お名前

入力例 : 山田 太郎
電話番号
入力例 : アメリカ国内のお電話番号
メールアドレス

入力例 : contact@iskw.biz
面談希望都市

入力例 : NEW YORK
面談希望時期

入力例 : 来月中旬
メッセージ


 

代表プロフィール

グランアシスト行政書士事務所  代表行政書士 石川良典 YOSHINORI ISHIKAWA





1981年8月愛知県生まれ。 愛知県立岡崎高校を卒業。高校、大学時代にラグビー部で汗を流し、3年生時には県代表として全国大会3位。 同志社大学文学部英文学科にて4年間は英語漬けの毎日を送る。

19歳で日本の不動産ライセンスである宅地建物取引士となる。
大学卒業後3年間、大手不動産会社の売買担当として従事。 退社時、奇跡的にもちょうど100件の案件を担当したことを知る。

独立後、行政書士となり相続手続きを中心に活動。現在に至る。
現在は東京都港区南青山を拠点に、日本全国、アメリカを中心に相続手続きに対応。男ばかり3児の父として、仕事にプライベートに全力で楽しむこと、幸せになること、幸せを提供することをモットーに日々お客様に対応しております。


グランアシスト行政書士事務所 代表行政書士 / 行政書士・相続診断士 / 有限会社コスモプランニング 代表取締役 / 宅地建物取引業免許 /  宅地建物取引士 / 定借プランナー(定期借地)

メッセージ




メディア紹介のおしらせ

海外メディアニューヨークビズ(本社:アメリカ・NY)に当事務所のインタビュー記事が掲載しております。
記事の詳細につきましてはこちらをご覧ください。【ニューヨークビズの記事はこちら】

オフィス

 

グランアシスト行政書士事務所
〒107-0062
東京都港区青山2丁目22-14 フォンテ青山302
TEL 03-3470-5608 efax 03-4496-4536


メニュー

PAGE TOP