英語ができる人になるためのブログ。

海外に行くことが多いのと、同志社大学文学部英文学科を卒業していること、聞かれれば、英語は使える、と常日頃言っていることから

英語話せるんですか?
TOEIC、何点ですか?

とか、
どうやったら英語が話せるようになりますか?

という質問をされるんですが、、、いつもテキトーに答えているので、それに対する持論を真面目に書きます。

簡単に言うと、性格と想定です。
これは持論ですから適当に読んでください。

ハロー、ケン!ハウアーユー?
あいむふぁいんせんきゅー
あんじゅー?
わっといずゆあほびー?
マイホビーイズフィッシング!
的なのを習いましたよね?中学校で。

長年英語の授業を受けたからって使えるようにはなっていませんよね。

んで、もっと小さい時から習えば使えるようになるんじゃないかと、自分の子供を英会話スクールに通わせるっていう親も多い。

子供には習わせないの?っていう質問もよく聞かれる。

まだいいんじゃないかな〜、って答えてます。妻にも。

ここから持論。

あのですね、まず日本語でも自ら知らない人に話しかけることはないんです、わたし。

だから海外にて、積極的に話しかけるなんてありえないんです。向かないんです。

日本人にも趣味なんて聞かないし、聞かれるシチュエーションないんです。ナンパもしたことないんですから。だからどうでもいいんです、そんな会話は。

簡単に言えば、人見知りなんです。もともとフランクに話せるタイプじゃない。そういう性格なんですよ。誰かと深く仲良くなるなんてめっちゃくちゃレアなことだし、日本人でも友達少ないこのぼくが、海外で友達作ろうなんて思ってもいない。

だからフランクな英会話なんて、はなから興味ないんですよ。

その代わり、目的地に着くための英語やホテルでの英語。ご飯食べるときの英語。買い物するときの英語は使えますよ。スラスラと。靴とかカバンの話はよくわかっています。

相手の返答もだいたい想定内の言葉ですから会話もスラスラと成立するんです。

その店員さんと仲良くなろうなんて思ってもいないからノープレッシャーなんです。

先日も台湾のホテルでチェックインのときに言われました。

まだお部屋の掃除が終わっていないので、午後3時には荷物を部屋に運びます、と。

おっけー、さんきゅー。
とだけ返したら、ホントに意味分かった?と友人(笑)

訳してあげたら、
すっげ〜と。
いやいや、想定内だからです。

ホテルのフロントで、

昨晩、彼氏と喧嘩したんですが、今朝メールで謝られて仲直りしたんですよ〜

って言われてたら、想定の範囲外だからもしかしたらわからないかも知れない。もしわかっても、知らんがなって顔で終わりですけど。友達じゃないんだから。

先日のロサンゼルスでも、レンタカーを返すとき、鍵どーすればいいの?って聞いたら、車にさしといてくれって言われて

オーライ、バーイ!って。
ねっ!成立してますでしょ!
この場合、想定できるのは、こちらで預かりますとか、あっちに持っていってくれ、とかそんなもんです。

そんなときに、昨日のフットボールの試合は熱かったな〜!見たか?なんて聞かれても違う意味で???です。

こんな風に、英会話なんて結局、性格と想定なんだと思うんです。

仲良くなりたいタイプなら積極的に行くでしょう。語彙も必要な分だけ増えてくる。必要十分の範囲がぼくより広いだけです。

だから、英語ができるかどうかっていう判断基準は、その人にとって十分かどうか。それだけだと思うんです。テストの点数も、その人にとって必要なスコアかどうかだと思うんですよね。

やっぱり英会話をスラスラと冗談言いながらできる人って、日本語でもよく喋る。そんな感じじゃないですか?

だからって子供の頃から英語を学ぶことはまったく否定しませんよ!

英語に、外国人にビビらないようにするには、やはり子供の頃から外国人と接するのはいい事だと思います。

そもそも誰に対しても物怖じしない子供なら、無理して英会話を習わせなくても日本語をしっかり学ばせるほうがいいのかなって思ってるんです。これ持論ですからね!

ただ、結局そのゴールはどの辺にあるのかっていうことを明確にするべきなのかなって思うんです。

それから、その人それぞれの母国語の利用率は超えないかなって。

ぼくが海外に出たら、急にフランクになって人懐っこくなるなんてありえないんです。

結局、その言葉を使うぼくの性格がすべてです。トホホな性格は海外で開花することはないんですね。

どうでしょうか。
英会話なんて自分の範囲を超えないんだ。
そう決めつけたら、英会話は簡単にできるようになりますよ。

持論です。それでは。
石川良典

飛行機移動中の暇人が書いたブログであります。お気になさらずに。

何が正しいのかわかりません。

春の選抜甲子園をテレビで観ていて思うのです。

子供の頃、少年野球のおじいちゃん監督に、ピッチャーは肩を冷やすな!と指導されたな。

テレビで観るピッチャーは投げ終わった後、しっかりアイシングしている。

そういえば、
ラクビーの試合中、トライした後にドリンクが飲めるようになったのは高校3年生の頃からだった。

今は水分不足が身体によくないとなっている。

うさぎ飛びってのがまだあったな。膝に、腰に悪いと言われている。

背を伸ばしたかったら牛乳をたくさん飲め!とオヤジにずっと言われたな。効果はないと証明されている。

腹筋も脚を抑えて、まっすぐの姿勢でやらされたな。めっちゃ腰に悪いらしい。

とか考えたら、何が正解なのか、何が身体にいいとか悪いとかわかりませんね。

ホントはもっと書きたいことがあるんですけど、いろんな利権がありそうなんでやめときます。

なんだか細かいことを考えているのが馬鹿らしいですね。自分に合ったもの、向いているものが一番いいってことじゃないでしょうか。向き、不向きがありますよ、人には。

そんなところです。
それでは。
石川良典

度入りサングラス。

JINSで度入りのスポーツサングラスを買いました。朝のウォーキング用に。

image

起きたてでコンタクトって結構キツい。早速ウォーキングに使っています。運転にも。

しかし、これを着けてトレーニングに出掛けると、コンビニに寄ってもグラサン姿。

ちょっと感じ悪いですが、外すと何も見えませんのですみません。

街中で知り合いに声掛けられてもサングラス外しませんのであしからず。

それでは。
石川良典

姿勢を正す、はずが。

本物のカイロプラクティック、ドクター吉田の真似をして、椅子に置くはずだったバランスディスク。

結局、こういう使い方になっちゃいました。

image

1分間、片足立ちをするとお尻が筋肉痛になりますよ。ヒップアップ!

滑り止めのイボイボが足裏マッサージにもなる優れもの。

失礼しました。それでは。
石川良典

参考までに。
DABADA(ダバダ) バランスディスク バランスクッション 体幹クッション ポンプ付き (ブルー2個) https://www.amazon.co.jp/dp/B00DQK4PWU/ref=cm_sw_r_other_awd_oLY8wbQ6SWSDR

男磨きと靴磨き。

朝からトレーニング。
午前中はしっかり書類作り。
昼からのブラジリアン柔術レッスン前に靴磨き。

image

レッドウィングに挟まれて、KOKON。

みんないい雰囲気を醸してきました。オイルは入れすぎない。avantiの店主 川村さんの教えを忠実に守る。

左のオイルドレザーなんて油抜き中。1年ノーオイルでも艶ツヤ。

『足元を見る。』靴、見られているのはわかっている。こちらも見ている。

男磨き=靴磨き

それでは。
石川良典

南翔饅頭店のパロディ。

食べ盛りの息子たち。小籠包の名店.南翔饅頭店で、小籠包を超える食べっぷりだった一品を自宅で作ってみました。

image

切る前のものです。冷やしてあります。

紹興酒の蒸鶏。その名の通り紹興酒に漬け込んでから蒸してみました。レシピは適当です。

名前からの連想で。奇跡的にしっかり再現できていて完売でしたよ。

どうでもいいですか!?それでは。
石川良典

孤独のグルメ。松重豊

我が家のブーム。孤独のグルメ。松重豊さんの食べっぷりがたまらない。それとBGMが絶妙。

井之頭五郎。

image

『腹が、減った』の名台詞でなぜか爆笑する息子たち。

image

そして貫禄の食べっぷり。お〜っと謎のリアクション。

完全にハマっています。それでは。
石川良典

ちょっと早すぎたかな。

コツコツ努力すること。大事なことですがなかなか難しい。ぼくはそれを日本の四季のせいにしている。

冬は寒いから朝のウォーキングをしない。

そろそろ始めようかな〜と思って、今日は6時にスタイルして、外へ。

まだまだ寒い。3歩でやめました。散歩ですから。無理はしません。室内トレーニングに切り替えます。

季節。四季。日本の良いところ、、、らしい。ホントにいいかな!?これ。

寒くなったり、暑くなったり、ムシムシしたり、雪が積もったり、花粉が舞ったり、、、

それでは。
石川良典